東芝 Dynabook B55/DのSSD交換

dynabookB55DのSSD換装

2017年6月に発売された東芝 Dynabook B55/D(型番:PB55DFAD4RAAD11)を使用しているお客様から最近すごく動作が遅くなったという相談を受けました。

Panasonic Let’s note SZ5のスペック
  • CPU    :Core i5 6300U
  • メモリ   :8GB
  • ストレージ :256GB(SSD)→今回購入したパソコンはストレージ無し

ハード的な故障も無く遅くなるようなアプリケーションがインストールされていることもないことや、タスクマネージャーでハードディスク(HDD)の使用率が常に100%になっていることからHDDの読み書きの遅さがボトルネックになっていることがわかったのでSSDへの換装を行うことにしました。

昔に比べてSSDの価格も下がってきているのでHDDが遅い原因の場合はSSDへの換装をお勧めするようにしています。

目次

この記事をおすすめする人

  • NEC Lavie LL750/RSの画面表示がおかしい
  • 液晶パネルの故障なのかWindowsの不具合なのか判断できない
  • 液晶パネル交換に不安がある

東芝 Dynabook B55/Dは通常の2.5インチSATA接続

東芝 Dynabook B55/Dは通常の2.5インチSATA接続のSSDを使用します。

今回使用したのは安定と信頼のWestern Digital 250GBのSSD

元々のストレージ容量は500GBでしたがお客様が使用しているデータ量が少ないことから250GBを選択しました。

HDD取り外し・SSD取り付け

バッテリーの取り外し

最初にバッテリーの取り外しを行います。

Dynabook B55/Dはバッテリー取り外しのスイッチがあるのでスライドさせると簡単に取り外すことができます。

バッテリー取り外し

背面ネジの取り外し

バッテリーを取り外したら背面にあるネジをすべて外します。ネジは2種類(赤色と緑色)あるので混同させないように分けておくようにしましょう。

背面ネジ

背面カバーの取り外し

背面カバーを取り外す時はヘラのような物を使いツメを外して隙間を開けていきます。

背面カバー取り外し

自分はiPhone修理用のものを使用しています。

HDD取り外し

赤枠で囲っている部分がHDDです。

HDD取り外し

HDDを持ち上げてSATA接続のケーブルを取り外します。

HDD接続部
HDD取り外し後

SSD取り付け

HDDを取り外したのと逆の手順でSSDを取り付けます。

SSD取り付け-1
SSD取り付け-2

SSDの取り付けが終わったら背面カバー、ネジを取り付けていきます。

SSD交換後のディスク速度チェック

SSD交換後にCrystal Disk Markでディスク速度のチェックをしてみました。

HDD

HDD速度チェック

SSD

SSD速度チェック

シーケンシャルアクセスの読み込み・書き込み速度が約5倍になっており、ランダムアクセスも大幅に改善されています。

数値でもそうですが実際に操作するとすごく速くなったというのが体感できると思います。

まとめ

Dynabook B55/Dの分解は取り外すネジと種類は多いですが、それほど難しくはありません。

注意点としてはネジ取り外し後の背面カバーのツメを外す作業です。

必ずヘラのような工具を使って作業を行ってください。

SSDの換装は劇的にパソコンの反応速度が改善されるので2~3年使用していて最近遅くなったなと感じる方は試して見る価値はあると思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

地方でパソコンサポートの仕事をしています。
パソコンサポート歴15年。2級パソコン整備士資格。
パソコンのトラブル情報、解決策を発信していきます。
仕事ではWindowsを扱うことが多いですがプライベートではMacを使用しています。

コメント

コメントする

目次