Panasonic Let’s note SZ5のSSD交換

パソコン修理

2016年1月に発売されたPanasonic Let’s note SZ5(型番:CF-SZ5ADYMS)を仕事用に中古で購入しましたがストレージが入っていない状態だったので分解してSSDの取り付けを行いました。

スポンサーリンク

この記事をおすすめする人

  • Panasonic Let’s note SZ5のSSD換装を検討している
  • Panasonic Let’s note SZ5の分解に不安がある
  • どのタイプのSSDを購入したらいいかわからない

CF-SZ5ADYMSはSSDの接続がM.2

CF-SZ5ADYMSはストレージの接続インターフェースがM.2になります。通常の2.5インチタイプのSSDとは形状が異なるのでSSDを購入する時は注意してください。
今回購入したSSDはWestern DigitalのM.2 Type2280 250GB

M.2の接続プロトコルは従来のSATAとNVMeの2種類ありますがCF-SZ5ADYMSは「SATA」になるので購入時は注意が必要です。

背面のネジをすべて外す

最初にバッテリーを取り外したら背面にあるネジをすべて外します。ネジは4種類あるので混同させないように分けておくようにしましょう。

特に紫の丸で印を付けているネジは赤丸のネジと似ていますが経が異なっているので間違わないようにしましょう。

背面カバーを外してSSDを取り付ける

ネジをすべて外すと背面カバーが取れるようになりマザーボードが確認できます。

赤枠で囲っている場所がM.2接続端子になるのでここにSSDを接続してネジで固定します。

BIOS上で認識されているか確認

SSDを取り付けたら背面カバーとネジを取り付けて電源を投入しBIOSを起動します。

BIOS上のハードディスクの項目に容量が表示されていればOKです。

まとめ

Let’s Note SZ5の分解は取り外すネジと種類は多いですが、それほど難しくはありません。

ただ、SSDの接続インターフェースがM.2 Type2280でSATA接続なので購入する時はその点に気をつけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました